« ぷりん、うちの子になってくれてありがとう。 | トップページ | ぷりんの仕業? »

2015年7月12日 (日)

愛猫ぷりんが教えてくれたこと

昨日、ぷりんの火葬が済みました。

私はぷりんを看病している間や旅立ってしまった後、目の前のことで頭がいっぱいで混乱していたんですけど、夫は冷静に色々と調べてくれて、火葬場所や棺(段ボール)、ドライアイスの販売所などを調べてくれました。

段ボールの中には、ぷりんの好きだったおもちゃや、私と夫の洋服、ご飯などを入れ、最後に色とりどりの花を入れました。


ぷりんを看病しているとき、オシッコが出るだけで嬉しかったり、ちゃんと寝てくれるだけで安心したり、自力でお水を飲んでくれるだけで感動したりと、「当たり前」だと思っていたことが全部凄いことなんだと思いださせてくれました。
子猫でうちに初めて来た日は、同じ様に感じていたはずなのに。一緒に暮らす中で当たり前になってしまったんだなって。


今までも毎日ぷりんを抱きしめて、可愛いね、大好きだよって伝えていましたけど、自分で思ってた以上に私はぷりんの事大好きだったなって感じました。
それに、ぷりんは私が思ってる以上に私たちのことを好きでいてくれたんだなって感じました。
オシッコするとき、体力を振り絞ってトイレまで行こうとしてました。結局は体力が続かなくてトイレまでは行けませんでしたけど、トイレの度に歩こうと努力して、最期まで私たちに迷惑をかけないようにしていました。本当に優しい子でした。



毎日帰宅すると駆け寄ってお出迎えしてくれていたぷりん。
ソファーで寝ているとお腹に乗ってきたり添い寝するぷりん。
お腹がお日様の匂いがするぷりん。
ぷりんがいないのは本当に寂しいです。

ぷりんの写真をプリントアウトして、部屋に飾りました。

Photo



ぷりんは表情豊かで、猫っぽくなくて、鳴き方が下手くそで、食べ方も下手くそで、ふてぶてしくて、どんくさくて、優しくて、甘えん坊で、可愛い子でした。

いつまでも悲しがっていたらぷりんも悲しむので、ぷりんと過ごせた毎日に感謝しつつ、前を向いていきたいと思います。


みるくは、色々と異変を感じていたようで、看病している間は静かにしていました。食事もとらずに、ただただ静かにしていました。
みるくも私たちに気を遣っていたのだと思います。
ぷりんの分もみるくを可愛がってあげないといけませんね。





にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ ← 両方押していただけると嬉しいですhappy01 
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ

|

« ぷりん、うちの子になってくれてありがとう。 | トップページ | ぷりんの仕業? »

コメント

お部屋に飾ったという写真、じっくり見せていただきました。
可愛くておもしろくて、ついついクスッとしてしまう楽しい写真ばかり・・・。
ぷりんちゃんが毎日どれほど幸せに暮らしていたのかがとてもよくわかりました。
本当に可愛い猫ちゃんでしたね。

ペットの旅立ちは、ある意味、親の死より悲しいものだとよく聞きますが、私も実際そうでした。
いもっ娘さん、時には寂しくて寂しくて涙が止まらない時もあるかもしれないけど、無理せず、ゆっくり少しずつ元気を取り戻せばいいと思います。

今回は本当に大変でしたね。
頼れるだんな様がいてよかった。
その後、みるくちゃんの様子はいかがですか。
ゴハン食べてるかな?
急に暑くなってきました、いもっ娘さんもお身体大切にねtulip

投稿: かぴ | 2015年7月13日 (月) 11時03分

かぴさん

ぷりんは表情豊かな子だったので、写真を選んでいる時も笑いながら泣きました。
時間だ経つにつれ、ぷりんがいないことを実感して寂しさが押し寄せてきます。
私は幸い親に旅立たれたことはないので比較は出来ませんけど
ペットではなく、家族が旅立ったという感覚なのは間違いありません。

みるくはもう食欲をとりもどし、便通もしっかりしてますので大丈夫だと思います。
みるくは人間が好きで甘えん坊なんですけど、ビビリでもあるので、撫でようとすると逃げる事も多かったんですけど、前に比べると撫でさせてくれるようになった気がします。

投稿: いもっ娘。 | 2015年7月14日 (火) 14時23分

まず最初に…ごめんなさい。
ぷりんちゃんが旅立っていたこと先ほど知りました。
まぁほぼうちのぷりんと同い年なので親近感がとても湧いてて記事が載るたび拝見させてもらってました。
最近は忙しかったためとブログなまけててなかなか訪問することも滞ったりしてました。
そして突然の出来事に私もなんだかオロオロして記事を遡って読ませてもらいました。
なんかホントに信じられないですが…
でもご夫婦ともどもご一緒に看取ること出来てぷりんちゃんとっても幸せ者です。
そしてとっても優しいぷりんちゃん…虹の橋を渡ってもずーっと見守ってくれてるでしょう。
あらためて…ご冥福をお祈りいたします。

投稿: きばりん | 2015年7月21日 (火) 04時50分

きばりんさん

こちらこそご無沙汰していて、すみません。
私自身のブログも滞り、ブログ訪問もほとんどしていませんでした。何事も三日坊主なんですよね。
でもコメントいただけてすごく嬉しいです。
本当に、最期を看取ることが出来て良かったです。今でもぷりんを思い出して会いたくて涙を流してしまうこともあるのですが、時間が経つのを待つしかありませんね。

投稿: いもっ娘 | 2015年7月27日 (月) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぷりん、うちの子になってくれてありがとう。 | トップページ | ぷりんの仕業? »